MATERIALS

教材ダウンロード

Scratchで作る、回転スクロールを使ったドライビング・ゲーム
2017.09.25

Scratchで作る、回転スクロールを使ったドライビング・ゲーム

Scratchで作る簡単なドライビング・ゲームの例です。車を回転させるのではなく、コースを回転、スクロールさせることで、実際に車を運転しているような感覚でプレイできます。

コースの回転自体は、Scratchのturnコマンドでできますが、回転の中心が画面の中心(車の位置)からコースの座標だけずれているので、そのままだと、コースに対して車が円を描くように回ってしまいます。

それを防ぐためには、コースの座標に応じて車の位置を補正してあげる必要があります。下記のようなイメージで考えると、補正後の新しい原点からコースの中心までの角度は、もとの仰角と回転角の和となることが分かります。学校で習う算数が役に立ちますね!

【原点補正のイメージ】

Scratchでは、コースを表現するスプライトが、原点からの距離や仰角のデータを持っていないので、X、Y座標から計算してあげる必要があります。これは、小学校では習う算数ではやってなさそうなので、サンプルプログラムを参考にしてください。

かなりシンプルなプログラムで、ドライビング・ゲームができてしまうので、ぜひ挑戦してみてください。コースをいろいろ変えてみたり、障害物を置いてみたり、ドリフトできるように車の動きを工夫しても面白いかも知れません。


プロジェクトページはこちら

クラスを体験しませんか?

リトルハッカーのクラスの様子をご覧いただけます。
プログラミングの体験もできます。